VIA
スマートフォンを用いたユニバーサルかつセキュアな双方向データ通信認証プラットフォーム
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
3

サービス紹介文

  • Thumb 2d1c6d3a bf3b 4311 a444 681d6c43f378
  • Thumb cfade3e2 a50c 4877 be7a 065c8b91440e
  • Thumb 9387feac 0ff0 4d4a 942e 03baf5d31322
  • Thumb 6885eb71 22f3 44b0 ae8e 2265b8ab2f96
  • Thumb 8cfc641a 05d8 4136 a6fa 780dd0490787
スマホと認証端末の間でダイナミックな双方向通信を行い、スマホ側のネットワークのみでサーバー認証が可能なセキュア認証プラットフォーム VIA

認証端末とユーザーのスマホの間でハンドシェイク認証・データ通信を行うことで、スマホ端末を認証ゲートウェイとしたサーバー上での認証システムを提供する。認証トランザクションごとにユニークなデータ通信認証を行い、トランザクションの正しい完了を認証端末のインジケータで確認可能なため高いセキュリティを実現可能

VIA認証インターフェイスを自社サービスに組込むことでデジタルギフトカード、デジタル決済、モバイル広告、ポイントカード、チケット、スマートロックなどの各種サービス事業者は、あらゆるスマホユーザーに対して認証機能提供することができるため、早期サービス利用拡大・サービストランザクション最大化を実現可能

特徴①
ユニバーサル:あらゆるスマホで認証利用可能

特徴②
セキュア:ダイナミック双方向通信により偽造複製不可能

特徴③
ローコスト:認証端末製造コストが低いため無償貸与で提供可能

特徴④
シンプルインストール:認証端末のネットワーク接続不要のため置くだけで利用開始可能

なぜやっているのか

6e930d0c bd16 4926 b320 e768bb6c9eed

創業当初、O2Oマーケティング支援のためのギフトアプリを提供していたが、NFC/Felicaなどの既存認証技術では ① 一部のNFC対応スマホなど利用端末が制限されてしまい、サービスとして全ユーザーを対象とできない問題、② リーダーの端末コストが高い上に、POS改修や端末のネットワーク設定などコスト・導入負荷の問題を抱えており「ユニバーサル性」と「セットアップ簡易性」を持つ独自技術開発を行うに至る

どうやっているのか

Ff6a045f 656c 4960 8f3f c31eab8d5879

分断されてしまっているオンラインのデジタルマーケティングと実世界のユーザー行動をつなぎ合わせて追跡可能にするため、スマホを用いた実世界での認証プラットフォームを提供することを事業としている。認証の点の数を拡大させることにより、個人単位・アプリケーション横断的にトランザクションデータを収集し、真のデジタルマーケティングプラットフォームを実現すること目指している

こんなサポーターを求めています

  • アドバイスして欲しい
  • 投資して欲しい
  • 協業・コラボ(リソースが欲しい)

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。