不燃花を活用したファブリック・パネル
ありそうでなかった不燃花を開発し、その不燃花を使ってフラワーアーティストがデザインしたファブリック・パネルの開発を目指します
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス紹介文

建築素材としては、建築法や消防法の関係性から、燃える素材である花やグリーンをスペックインすることは難しく、そのために、花は後から買う高いもの、という位置づけでした。そこで、建築素材としても認められる「不燃花」「不燃グリーン」を開発し、それらを建築素材にするために、ファブリック・パネルのような形に変えていきます。

なぜやっているのか

Noimage

弊社はフラワーアーティストであるマミ山本の事務所です。
弊社は「世界中の人々の心の中に花を咲かせる」をミッションに掲げ、花やグリーンの力を活用して、心豊かな人を増やしていく活動をしています。
実際に、花の効用に関して証明されつつある現在でも、花のある暮らしをしている人や、そいいう働き方をしている会社は少ないのが現状です。
自然に花やグリーンが目に留まる建築素材を生み出せれば、もっと心豊かな人を増やせられると考えています。

どうやっているのか

Noimage

まだアイデア段階のため、まずはプリザーブドフラワーを使って、不燃剤との相性などを見極めていきます。
その開発がうまくいった段階で、その不燃花を特許にしていきます。
その後、不燃花を活かせられるデザインを考案していきます。

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。