3D入力装置
IPODクリックホイールの発明家齋藤憲彦が、新たに世界に送り出す、AR/VR時代の3Dユーザーインターフェイスの決定版。
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
0
メンバー
1

サービス内容

仮想現実感世界(VR)や、拡張現実感世界(AR)、さらには、現実の3次元世界では、旧来のパソコン、ワークステーション、スマホ、タブレットパソコン等が、まったく通用しない新しいインプットとアウトプットデバイスが世界を支配することになります。HMDはこのうちアウトプットを受け持ちます。今回、まったく新しい入力装置のビジョンコンセプトを完成させました。この新しいユーザーインターフェイスを使えば、この装置がVR/ARのインプット部分を支配することになります。
この様なデバイスは現在存在していません、このインプットデバイスを使うことにより、コンピュータと人間との関わりが全く新しい物となる。単なる閲覧機にすぎないスマホやタブレットパソコンに対して、ポストスマホに関連するデバイスということもできる。ポストスマホ、ポストパソコンの次世代端末の基本コンセプトでもあります。

こんなサポーターを求めています

  • 投資して欲しい

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。