サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
3
メンバー
1

ニュース

2016.02.23
INFO
2a298029 2d3a 4db1 9233 5817bc6a38e7

〈告知〉電波のバリア!?IoT物理セキュリティサービス「BE BARRIAR」登場

兼ねてから予告していました、弊社の新サービス「BE BARRIAR」。本日特許出願が完了しましたので、情報をオープンにしようと思います。詳細やサービスの提供時期などについては、個別にお話しさせていただくか、順次こちらで公開して行きます。(2016.2.23現在サービス専用ページはまだありません。)

今日はBE BARRIARがどんなものかを説明します。

BE BARRIARは、電波のバリアのようなものです。そのエリアに入ってきた対象物が発する電波を、周辺の情報を組み合わせて危険度を算出します。電波そのものあり方をセキュリティ情報として分析する、とても画期的な物理セキュリティを提供するサービスです。

例えば、オフィスでは、端末の不正な持出や持込、ドローンの接近などを、IoT端末(上写真)を置くだけで自動的に察知するようになり、通知してくれます。製品版ではディープラーニング(深層学習)を効果的に導入し、非日常パターンの検知に高い精度が出せるようになる予定です。

実証実験スタート

近日中には他社オフィスにてプロトタイプの実証実験がはじまります。まずは100人規模でのオフィスのデータからセキュリティポリシーに合わせたサービス提供を開始し、いずれディープラーニングによる自動化されたセキュリティのサービスが提供されるようになります。

今後の展開

今後の展開はまだ秘密です。しかし、これだけは宣言します。BE BARRIARは、いずれ世界中の人々のために役立つサービスに進化します。


置くだけセキュリティのはじまりです!

→商談、お問い合わせ、取材のご連絡お待ちしております。