Bank Invoice
取引先とつながる。 請求書原本そのものを電子化して電子取引できるクローズド型ビジネスSNS
サービスについて
スタートアップ情報
投資情報
ニュース
1
メンバー
1

サービス内容

5d26559d 7a93 4004 ad07 0a3ff1ab7df3 9db0fea4 74d0 4f56 9628 d09b59ca052e
  • Thumb 5d26559d 7a93 4004 ad07 0a3ff1ab7df3
  • Thumb 9db0fea4 74d0 4f56 9628 d09b59ca052e
   ー 「紙でない請求書」 Bank Invoice ー

Bank Invoiceで『取引先とつながる』。
請求書の「原本」そのものを電子化してEmailやPDFを使わずに電子取引できるクローズド型ビジネスSNSです。

■現状の問題
1. 企業間の請求書は原本が必要とされるため、請求書として紙の郵送が必要(ペーパーレス化できないという問題)
2. 紙による請求データのやり取りにより、データの手入力、チェック作業、修正等、経理に膨大な労力を要する
3. 紙による請求データのやり取りが、取引実態を管理不能にし、適切でない会計が看過される(不正会計の問題)

■従来はできなかった請求書「原本」の電子取引(送信/受信)ができ、請求書の郵送が必要なくなります。
従来の電子化やペーパーレス化は、EmailとPDF化のことであり、原本(データ)そのものの電子化は不可能でした。そのため、実務上、紙の請求書を受領後、電子化して保存するよりも紙のまま保存する必要があるため、このままではペーパーレス化が進まないという問題があります。「Bank Invoice」では、請求書の発行者/受領者双方が1つの請求データを原本として共有するため、原本(データ)そのものの電子化が実現します。従来はできなかった請求書原本の作成から送信/受信、支払日と入金日の管理、10年間保存までの一連をWebで完結させることが可能になります。これにより、請求書の郵送だけでなく、従来の電子化に必要であったEmail、PDF管理、電子署名、タイムスタンプ等の必要がなく電子帳簿保存法に対応したペーパーレス化ができるため業務負荷の大幅な軽減に貢献し、迅速で漏れのない経費管理を支援します。

■発行者のメリット
発行者は、まだユーザー登録をしていない取引先担当者へもメールアドレスがあれば送信でき、送信後はステータス管理を自動的にできるだけでなく、同時に受領者のステータスもリアルタイムで認識できます。発行者/受領者間で連絡できる、クローズド型ビジネスSNSの要素を取り入れた「社外連絡」機能で、請求書データごとに取引先担当者と双方向リアルタイムでのやりとりが可能になるため、入金ごとに請求書データと入金を照合する作業の負荷軽減を図れます。連絡内容やメモから請求書データを逆引き検索でき、迅速に連絡できます。

■受領者のメリット
受領者は、請求書データを受信するだけで電子帳簿保存法に沿った長期保存が可能なので、従来の電子化に必要であったEmail、電子署名、タイムスタンプの必要がなく、税務調査のために紙の請求書をPDF化して保存するなどのペーパーレス化の手間を削減できます。受信した請求書データをプリントアウトすれば請求書原本そのものを入手できるだけでなく、発行者/受領者双方の操作履歴も同時に印刷できるため、郵送された紙の請求書原本や電子署名、タイムスタンプを超える証明力を得られます。「返送」機能により発行者への訂正(再発行)の依頼もリアルタイムに処理でき、重複支払や支払漏れを防止できます。

なぜやっているのか

E88f5116 6b96 482d 8946 a5bc264ae9c8

紙をなくす会社。

どうやっているのか

Noimage 453ee38e793526a1829c47d79e6f781e59b52c2357d3e4932cae4b4557608ac9

取引先とつながる//
Bank Invoiceを使うと、世界中の取引先とつながります。
請求書原本そのものを電子化し双方向にメールのように送受信できます。
あらゆる会社との取引データは統合され、一元管理できるので経理の負荷をなくせます。電子帳簿保存法に対応し、紙やPDFによる請求書の管理や保存はもう不要。すぐに、カンタンにペーパーレス化できます。

今やっていること

89e0d48a 2ebd 430a 8087 c9b685308f29
Bank Invoice

双方向全方位型請求書データ電子取引システム
完全無料、機能制限なし。インストール不要。WindowsでもMacでも。
フリーランス、ベンチャー企業の方から大企業担当者の方までご利用いただいております。

メッセージを送る

担当者様、こんにちは。 プロフィールを拝見させていだだき、○○の部分にとても興味を持ちました。 もう少し詳しくお話していただくことは可能でしょうか? よろしくお願いします。
担当者様、こんにちは。 私も○○のようなサービスを運営しているのですが ぜひ、一度お会いして情報交換などできないかと思いメッセージさせていただきました。 よろしくお願いします。